So-net無料ブログ作成
検索選択

昭和記念公園 その3 [Flower]

チューリップの咲いているゾーンを過ぎたところで、


アイスランドポピー咲き乱れる岡が登場。


 


ポピーは今が見ごろとあって、白、黄、橙、のポピー畑がつづきます。




 

人ごみも入れるとこのようになります。



 

次は「こもれびの里」ゾーンへ。



 

ここは、武蔵の昔の農村の風景を再現しています。



 

穏やかな、里の風景です。

本当はこの写真の左側に水車小屋もあったのですが、

あまりにたくさんの人が群がっていたので、カット。



 

麦の新緑がまぶしい。

申し込めば、田植えや、収穫、もみ殻とりといった、実体験もできるらしいです。



 

鯉のぼりもたなびいてました。

 

そしてしばらくいくと、ネモフィラの咲き乱れる丘が続きます。



 

インシグニスブルーです。




 

その他マキュラータも咲いてましたよ。

 

しばらくいくと、シャーレポピーの丘が出現。

こちらは咲き始めなので、開花しているものはまばらでした。




アイスランドポピーとは違った配色なので、こちらも満開に咲いたらきれいだろうな・・・



 

「こもれびの池」、ここはちょっとイギリスの公園っぽい雰囲気がありました。





 


最後は、藤棚の下を通り、







このながーい噴水池の横の銀杏並木を通り

(ここは秋になると黄色の世界になる名所です。)




園内の端っこにある「みどりの文化ゾーン」というところの

「昭和天皇記念館」を見にいきました。

が、

「当然ここも、29日なんだから無料」と思っていたら、

500円の入場料を払わなければならないとわかったてので

引き返して、立川口から帰ってきました。

 

広い広い園内を一日歩きまわって疲れました。

 


nice!(0)  コメント(0) 

国営昭和記念公園 その2 [Flower]

チューリップのつづき。


 


きれいなので、撮りまくってきました。


計算つくされた配色が参考になります。


 


ざざーっと、どうぞ。


 





 




 




 




 




 




 




 

終わってしまったチューリップは半分くらい刈り取られてましたが、

こんな感じで、遅咲き品種が咲いてました。

四月上旬にいけば、ここには写っていない、早咲きの品種が見れるはずです。

 



 



 

人ごみが入らないように撮るのに苦労しました。


nice!(0)  コメント(0) 

国営昭和記念公園 その1 [Flower]

前から、一度行ってみたかった、東京都立川市にある


「国営昭和近年公園」


http://www.showakinenpark.go.jp/map/index.htm


に初めて行ってきました。


 




 

なんといっても今日は

「昭和の日」。

 

入場料大人400円が無料となる日なので、

当然、人で混雑していました。

 

園内マップをもらって、中に入ってみたけれど

どのくらいの広さの公園なのか最初検討がつかず、

まずは

「日本庭園」

と書いてあるところへ。

 



新緑が水面に映ってまぶしいです。

 

亀がこうら干ししてます。



この日本庭園の池をぐるりと一周してみたところ、

だいたいこの公園大きさがわかりました。

 

日本庭園の広さなんて、この公園のほんの一角にすぎません。

 

とにかく広くて広くて、一日で全てを歩きまわることはできませんでしたが、

今回の一番のお目当ては、

なんといっても、チューリップ

 

といっても、すでに四月下旬。

チューリップは「見ごろ過ぎ」

となっていたので、あんまり期待してはいませんでした。

 

東京だと、四月上旬から中旬が見頃です。

 

しばらく行くと、ムラサキハナナの群生地があり

ところどころにチューリップか゜植えてありました。

 

ムラサキハナナの紫色をバックに、チューリップが植えられています。



 

ムラサキハナナって、空き地や駐車場のようなところに雑草のごとく生えているので

普段はあまり気にしませんが、こうやって群生していると、きれいです。
 




 

チョーリップは、こんなものかと思っていたら、

まだまだ咲いてました。遅咲きのチューリップが。

 



 

帰ってきて撮った写真を見て気づいたのですが、

ビオラを使っていたのはここだけでした。

見過ごした部分もあるかもしれないけど、

ビオラの彩に頼ってない、配色の仕方はさすがです。



黄色い花は「ムルチコーレ」、紫のチューリップはルーブル。



 

チューリップの花の名前いちいちメモしてられませんでした。

名前わからないけど、以下ざっーとチューリップがつづきます。




 



 

 

 





nice!(0)  コメント(0) 

赤花かすみ草 [Flower]

小さな小さな花ですが、


去年の秋まいた「赤花かすみ草」が咲きはじめました。


 





小さいけれど、白いかすみ草とは違って、

あわいピンク色がなんともいえず可愛い花です。

(種のパッケージ写真を見て、もうちょっと赤に近い色かと思ってました。)

 

もっと種を蒔いて、たくさん花を咲かせればよかったと、ちっょと後悔。




 

可能な限りアップ。

花の大きさは五ミリくらいです。



 

ゲージの中で育ってます。

普通に撮ると、小さすぎてわかりづらいですが、

右端の方に写っている小花が「赤花かすみ草」です。




ここには、白色のステラ以外は

ローダンセ、スイートアリッサム赤花かすみ草

ピンク系のお花の種を蒔いておいたのですが、

全体のバランス、よくないです。

 




ローダンセは、格好よくお花が開いてるところで、

ドライにするならそろそろ刈り取りをしなければなりません。


nice!(0)  コメント(0) 

フリージア [Flower]

今日は雨、気温は低めで少し寒いですね


そんな中、


フリージアの蕾がほころび始めましたよ。


 


先週の写真、まだフリージアは蕾でした。


 




 

今日、いくつかかの蕾がほころび始めています。



 

フリージアは二種類あるんです。

 

こちらは、半びらきなのでわかりにくいのですが、八重です。

 



 

こちらは一重。




球根を詰め込みすぎたせいか、

あまり背丈が高くなりませんでした。

でも、狭いベランダではちょうどよかったかも。

 

フリージアの発芽率はとってもよく、100%でした。

土に球根埋めれば、必ず発芽するって感じです。

 

いっしょに購入したラナンキュラスの球根は全滅だったので、大違いです。


nice!(0)  コメント(0) 

マリリン [Flower]

やっと、「マリリン」という名前のチューリップが一輪だけ咲きました。


 


輸入ものは咲かないことが多いので、


今年もダメかってあきらめかけていたけれど、


一輪でも咲いたのでよかった。


 




 

 

マリリンは、白地に赤い縦筋があるのですが、

蕾が開いたときは白で、赤い筋はじょじょに濃くなって現れてくるみたいです。

 

 

下寄せ植えしたピンクのスィートアリッサムは満開

 



 

 

他に二つ植えてあるのですが、成長遅いです。

 

というわけで、待ってられないので、写真アップします。

 寄せ植えしたピンクのスィートアリッサムは満開。

 

全体像。




チューリップ一本は、さみしいけれど

次のチューリップが咲くころには、今咲いているのはもう終わってるでしょう。

 

ビオラが2月に突然枯れてしまったので、代わりにオダマキが植えてあります。

 

今年、この寄せ植えは、あまりうまくいきませんでした。


nice!(0)  コメント(0) 

多肉解体新書 [succulents]

徒長して格好悪くなった多肉たち。




 

かわいそうだけど、このまま放置すると根づまりしてしまうので

これらを容赦なく、チョッキンしていきます。




下葉を取り除き、引っこ抜けるものは引き抜き、解体しつづけると

多肉の山ができました。

 




 

これらを植えなおして、こんな感じになりました。

 



 

↑ちっょと詰めすぎかも スペースないんです^_^;



 

↑、すでに鉢からはみ出してますが、仕方ない。(^_^;)



 

↑去年の落ち葉から育った子供たちを、昇格させました。

お弁当箱みたいになりました。



 

↑これは、あまり詰め込みすぎないようにお上品に植えてみました。




↑これは、去年の秋に植え替えたので、このまま。


nice!(0)  コメント(0) 

ポリジ [Herb]

苺の苗といっしょに植えるとよいと知って


去年の秋に蒔いたポリジが咲き始めました。


 




 

 

ランナーから株を根づかせた、肝心の苺の苗の成長はいまいち。

 

苺の新芽は出てきているので、これから葉が伸びてきて、

花をつけるのはまだ先のようです。

 


ポリジの青は、嘘いつわりのない本当にきれいなブルーです。

 
花は砂糖漬けにしてお菓子などに利用できるらしいのですが
花が3日かくらいしかもたないので、気付くと咲き終わっています。


nice!(0)  コメント(0) 

オープンガーデン [Flower]

先日、ベランダーの住む街の地域情報のサイトを見ていたら



 


オープンガーデン


 


という字が目に飛びこんできました。


 


「オープンガーデンをしていらっゃる方がいるなんて、イギリスみたい。」


 


と思い、さっそく場所をチェック。昨日見にいってきました。


 


普通の住宅街を迷いながらも探し歩いていると


OPEN GARDEN」という看板を立てているおうちを発見。


 


 









お家の前にあるお庭は、けっして広いわけではなく、

ガレージと合わせても普通のスペースです。






 

そして、玄関からのアプローチからして素敵なお庭なんです。

 

こちらは白(シルバー)とブラックを基調にして、あまり色ものを加えていません。

ブラックビオラをれ全面に植えこんでいるところが、

シックで大人っぼい雰囲気のお庭になってます。



 

 

置いてあるプランターは、選びぬいた方のセンスが光り

それぞれにマッチしたお花が植えられて行ます。

 



 

白のタイツリソウ。

このお花、かわいくて目立つピンクを選びがちだけど、あえて白ってところがさすがです。



 

お家の壁にはアブチロンのウキツリボクとバラが壁一面に張っています。

「なんとも言えない見事な色のバラが咲くので、五月になったら見にきてください。」

と主がおっしゃってました。



 

こちらは玄関のアーチのバラ。

蕾ができているので、来月には見事に咲くようです。



 

ガレージの横のバラは、様々な種類があるようで、主に薔薇の名前を教えて頂きましたが

私は薔薇について詳しくないのでわかりませんでした。

こちらも、一ヵ月もすれば、はなやかになりそうです。

 




 

チューリップはQuees of Night。

 

ベランダーはこれをおととしプランターに植え付けましたが

去年の春見事全滅、一本も咲きませんでした。

 

Quees of Night は地味色なので、赤や黄色と違って売れ残る球根なんですが、

こうやって見るとシックでいい色だなーと改めて思います。

 



 

そして、さりげない小物使いがとってもセンスがいい。

まさに「ナチュラルガーデン」のテイストなのです。




 

このお家の主は、50才代の方でお家で編み物教室の先生でした。

イギリスっぽいものが好きで、とくに小物にはこだわりを持って探しだしてくるそうです。

 

お互い、同じようなものが好きというのがわかるので

初対面とは思えないくらい、おしゃべりしてしまいました。

写真は許可をいただいて撮影してます。

 

そして、帰りぎわに、増えて困るというブラックビオラの苗と、

刺し芽できそうな、お庭の植物を切ってわけて頂きました。

 

とても楽しい一日でした。

オープンガーデンわざわざ見にいってよかったです。


nice!(0)  コメント(0) 

葉ボタンの寄せ植え [Flower]

紫のスイートアリッサム、


去年の零れダネから育ったとは思えないほどこんもりしてます。


 




 

普通のビオラ

Suntoryのこんもりビオラと比べてしまうと、こんもり度がいまいちに見えてしまいます。



 

刺し芽した、ステラ。ちゃんと根付いてこんもりしてます。



 

塔がたち始めたたハボタン。

こーなると、あんまりかわいくないですねー。



 

蕾がでてきたばかりのラベンダー、キューレッド。



 

これらがいっしょになって、

こんな感じの寄せ植えになりました。





nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。